メンタルヘルスに効くおすすめエクササイズ

とある研究によると、週に150分の適度な運動を行えば、エネルギーと社交性を促進し、不安に打ち勝つことができるそうです。そして最も重要なポイントとしては、精神的な健康を向上させるかもしれません。例えば、うつ病の症状に対処するのに役立つでしょう。ですので、自分に合った運動を見つけて、今日から気持ちよく体を動かしてみましょう。以下は、今すぐ始められるメンタルヘルスに効くエクササイズの例です。

  1. ウォーキング

ウォーキングは、他の激しい運動に取って代わる健康維持のためのエクササイズだと思われがちですが、その本当の魅力は、無料で行えて、体にも負担が少なく、かつ屋外の新鮮な空気に触れられるということです。ウォーキングはストレス解消になり、不安やうつといった精神的な悩みを乗り越えるのにも役立ちます。15分程度の短いウォーキングであっても、心をきれいにするのに十分でしょう。1時間以上続けて歩く必要はありませんし、1日に何度も行う必要もありません。無理のない範囲で行うようにしましょう。

また、ウォーキングは、強度を自由に調整できるというメリットもあります。運動が苦手な人や体力に制限のある人は、まずは平坦な道でゆっくり歩くことから始めてみましょう。徐々に慣れてきたら、もっと早く歩いたり、急な坂道を登ったりして、チャレンジしてみましょう。精神的な健康が向上するだけでなく、体の調子が整うというプラスアルファの効果も得られますよ。

  1. ヨガ

ヨガのルーツはスピリチュアルなもので、瞑想や呼吸法とも密接に関係していて、リラクゼーションや静寂の代名詞ともなっています。ヨガを通じて得られるメリットがゆえに、現在では、貴重な心理療法の実践ツールと見なされるようになりました。ヨガは、内なる体への意識を高め、ストレスを軽減し、筋肉をリラックスさせるとされています。さらに、自分自身と自分の体だけに完全に集中するという、平和で穏やかなアクティビティであるため、大勢の人がヨガのメンタルヘルス上のメリットを日々評価しているのでしょう。

ヨガの練習は、心拍数、呼吸数、血圧、心拍出量を減らすと同時に、セロトニンを増加させることが科学的に証明されています。それゆえ、悲しみや不安を和らげるのを手伝ってくれるのです。ヨガには、リラックスできる瞑想的なものから、肉体的にきつく激しいものまで、さまざまなスタイルがあるのはご存知でしょうか。ですので、自分のニーズに合った理想的なヨガのスタイルを見つけるまで、いくつか試してみるといいでしょう。ヨガの素晴らしいメリットについてもっと詳しく知りたい方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

  1. ランニング

ランニングは、体力とメンタルヘルスの両方に効果がある最も優れたトレーニングとしてよく知られています。ウォーキングと同じように、ランニングのスタイルも完全に自由です。屋外の新鮮な空気を吸いながら行うこともできますし、トレッドミルに乗れば、ジムや自宅など、どこでもできるエクササイズになるという利点もあります。

走った後の「ランナーズ・ハイ」には、気分を高揚させるエンドルフィンが混じっていて、幸福感や適度な快感さえも促してくれます。また、定期的にランニングをしている人には、ストレス解消や睡眠の質の改善といった効果がよく見られ、結果的に、メンタルヘルスや不安の解消、うつ病の治療に大きく貢献することが期待できます。